.
.

1999年より狭い自宅でスタートしたスタジオダックスでしたが、自宅兼ショールームの生活がすぐに物理的に限界。そうして自宅から歩いて行ける場所の仕事部屋を探しはじめたのが2002年に入ってからでした。数社の不動産会社に打診していたところ、以前から目をつけていた建物の最上階に空きが出たとの朗報をうけてさっそく内見します。建物の雰囲気は古くさくて最高だけど、36平米しかない内部はもうボロボロですねぇ。普通の人ならまず手を出さないと思われる空間ですが、窓や玄関戸も古くてステキ。フルリフォームを考えている我々にとっては理想的な空間ですよ。ワンルームにプランしてあげれば気持ちの良い部屋になる匂いがプンプンします。

実験も含んだ様々な要素を盛り込んだオフィス兼ショールーム空間をプランします。将来は売ったり賃貸する事も視野に入れた、住空間にも転用できる生活空間を考えます。狭くてもアイデアとライフスタイル次第で広く快適な空間は実現できますよ。

(次のページにつづく)

.